任意売却なら引っ越し費用がいただけることも

任意売却なら引っ越し費用がいただけることも

住宅を手放さなければいけない時ですが、基本的に任意売却と競売のどちらかを選択することになります。
任意売却と競売ですが、特に注目になるのがどちらの方が高く住宅を売却できるのか、といったことでしょう。しかし、それ以外にも注目すべき点はあります。そもそも任意売却と競売を行う場合ですが、引越しを行わなければいけません。持ち家から賃貸への住み替えを行うわけです。引越しには、それなりの費用がかかります。前家賃というものもかかります。敷金や礼金というものもあります。基本的に引越しをするためには数十万円の資金が必要になるわけです。その数十万円の資金ですが、実は任意売却の時には住宅の購入者からいただけることもあります。その資金で引越しできるようになりますので、任意売却にはそのようなメリットも存在しています。

 

任意売却の詳細について

任意売却は抵当権の実行、つまり競売に出される前に、債権者と債務者の合意に基づいて、第三者との間で物件を売買することです。
任意売却すると、不動産競売よりも、高く売れるケースが多いため、債権者である銀行などの金融機関も任意売却を認める場合が多いですが、権利関係が法的に入り組んでいる場合、任意売却は困難であると言われています。債権の回収を優先させるため、任意売却で売り出した物件は一般的な中古市場の住宅価格よりも安値で取引されるものの、任意売却物件としては売り出されないので、買う側にとっては普通の中古物件となんら変わりなくされるでしょう。
なので逆に言えば物件を相場より安く買いたいときは、任意売却の物件をあるかう業者を探したほうがいいわけです。


Blog

Calendar